【USCPA】テキストの海外発送

どうもウシワカです♪

テキストが届く

申し込んで支払い完了後暫くすると、アビタスからテキスト一式が会社に送られてきました。なぜ会社に送られてきたのかも含めて、この海外発送について説明します。
日本在住の場合だと、日本の自宅の住所を書けば自宅まで発送してくれますがが、海外在住だともう一手間かかります。私はフィリピン在住ですので、フィリピンの自宅までテキストを届けてもらう必要がありました。フィリピンのEMSは時間もかかり、あまり信用できないので、FEDEXまたはヤマト国際郵便の2つが選択肢に上がりました。FEDEXは集荷のタイミングにより少し時間がかかる可能性があること、また、以前にフィリピン在住のアビタス受講生にヤマト国際郵便で発送したとのことから、ヤマト国際郵便を選択しました。発送の明細はこんな感じです。

料金:14,950円
重量:14kg
サイズ:320(縦)×440(横)×220(高さ)

14kgってかなりの量です。これだけ勉強するってことですね(笑)。その後、アビタスの担当者よりヤマト国際郵便は自宅発送ができず、会社宛でしか発送できないとの連絡を頂いたので、私の勤務先に届けてもらうこととなりました。ちなみにヤマト国際郵便は大阪でDHLに引渡し、最終的にはDHLから届くこととなります。1週間くらいして、無事に会社に荷物が届きました。

さあ勉強始めるぞ!

14kgもの荷物を1日では持って帰れないので、少しづつ何日かに分けて持って帰ることにしました。さて、いよいよ勉強開始ですが、アビタスが提供している勉強スケジュールに基づいて勉強を進めていくことにしました。予定通りに行けば、年内(この時点では2015年1月)に単位は取得できそうです。暫くは平日2時間、休日はほぼ1日勉強という生活をしていくこととなります。とはいっても、転職後の会計事務所の仕事が忙しかったため、平日の勉強がなかなか捗りませんでした。まずは受験に必要な単位取得に向けて、講義視聴+問題演習という形で勉強を進めていきました。


スポンサーリンク
ウシワカレスポンシブ
ウシワカレスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする